白兎と灰色狼の、果てなき旅路

ドライブやドライブや写真撮影を趣味とし、その他、HSPやAセクシャル、イジメ。精神的・心理的なことについて綴っていきます。

【ブログ・生き方】本年もよろしくお願い申し上げます。 ~ブログ開始から、一年経った今年の抱負~

スポンサーリンク

 年も明け、2021年の三ヶ日も疾風の如く過ぎ去りました。

 いつも以上に、寒く。いつも以上に、人気のない街並み。

 

 コロナ禍が終わることなく迎えた今年は、普段以上に「いつも」といいう定義が大きく変わり果ててしまったことを痛感しています。

 

 

 

挨拶2

 

 

 皆さん、こんばんは。【やさぐれ紳士】白兎です。如何お過ごしでしょうか。

 そして、遅ればせながら。

 

 皆様に置かれましては、昨年は本当にお世話になりました。

 本年も変わることなく、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 ここ最近の記事は代理君に挨拶してもらっていますが、これ、正直な感想を皆さんにお伺いしたいことがあります。

 

 普通に文章で綴るか、このように喋らせるか。

 もう少しキャラを作成してアフレコしようと考えてはおりますが、ご意見いただければ幸いです。

 

 

 さて、2020年が今を生きる私たちにとって未曾有にして最悪、災厄の一年となりました。

 正直な所、私は引き続き慎重な行動 -自己防衛本能から来る自らを規制すること、考えなしにの外出はできない- をしなければならない一年になる予感がしております。

 延期された東京五輪・パラリンピックなど夢のまた夢。

 耐え忍ぶと言いますか、我慢を強いられることが多くなると個人的に思っています。

 

 然れど同時に、それももう限界が来ている気がしてなりません。

 自粛に自粛を「要請」ばかりされ、特権階級や上級国民ばかりが好き勝手やっていることが報道されていることが、この国を確実に崩壊に向かわせているようにしか思えなくなって参りました。

 それはそうだと思います。

 とある記事ではお若い方々が飲み会に繰り出していったところを取材され、「お偉いさんが好き放題やっているのに、若者ばかりが自粛を強いられるのはおかしい」というものもありました。

 

 わからなくはありません。

 しかしながら、その行動も結局「他人の行動を言い訳」にしているのでは、と思ったのが、私の正直な感想です。

 そこにあるのは、何かあった時に「他人のせい」にしたいから?

 そうではなく、言いがかりを作りながらも「自分がそうしたいから」飲み会に行った?

 

 非難するつもりはありません。ですがこの記事を見る限り、私は後者なのではないかと真っ先に思いました。

 

 昨年から始めたブログで、私は生き方や育った環境、職業といった違いだけでなく。

 同じ人間という種族であっても、価値観や考え方の違いがあること。

 それを認めるか否か、受け入れるか否か。その度合だけで、人の行動というものは容認されたり非難の的になったりすると思っています。

 

 

 私だったら、そうですね。

 人と面向かって飲むことが好きではないので、まず飲む為に街へ繰り出すことはありません。

  

 とは言え、それも人それぞれの価値観。

 私は大切にしたい、されたいと思う人との繋がりがありさえすれば、当分会うことができない状況でも気にはなりません。

 寧ろ無駄な会食やら宴会が減った分、失礼ながらも個人的には嬉しいことです。

 

 一方で人と会うことで、直接的な交流を経て生きる為のエネルギーを得て、明日への糧にするという方もいらっしゃるかと思います。

 

 こう考えるだけでも、「飲み会」というもの一つとっても大きく異なります。

 

 どちらが良くて、どちらが悪いとも言えない。そんなグレーゾーンばかりのご時世。

 

 私は、本ブログを通してそのような微妙な塩梅な部分を。

 どちらかと言えば、少人数派に入るかもしれない「HSP」や「HSS型HSP」の視点に立ちながら、今年も綴っていければと思います。

 

 最近になり、書籍にてHSS型HSPを纏めている書籍を購入いたしました。

 

 「かくれ繊細さん」という本です。

 まだ序盤の序盤しか読んでおりませんが、これまであまり深堀りされていなかったHSS型HSPやHSEについて書かれています。

 

 次回以降、この書籍だけでなく、他にも入手した情報を元にしながら。

 私が、私なりに考え文章化した思いを、綴っていきたいと思っています。

 

 最後になりますが。

 2021年。この一年が、このブログを訪れてくださった全ての方々に。

 HSPやHSS型HSPで悩む方々に。

 そして、ブログを通し仲良くさせていただいている皆さんにとって。

 

 幸せな、より良い一年になることを、心から祈願させていただきます。

 

 

締め

 

 

 今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
 それでは、また次回まで。

 

 

 

f:id:Rayleonard-00:20210103182817j:plain